自然な携わりが要となる

看護師

周りも病気の知識を持つ

うつ病の患者さんだからといって、腫れ物に触るような特別扱いはしないほうがいいようです。結論から述べるなら、いつも通りの自然な態度で、神経質にならず、自由な気持ちで接することが大事であると、精神科医や心療内科医は話しています。うつ病の人と接点ができるのは、家族や友人だけでなく、職場の上司や同僚、部下にもあり、間違った接し方をしないためにもポイントをチェックしておきましょう。例えば、集中力が下がったりミスが多くなったりするから、黙って手伝ってしまうこともあるでしょう。チェックポイントとなるのは、黙ってサポートするという点で、本人は、自分の持ち場を奪われたような感情を抱き、相手と距離を図るようになってしまいます。この場合には、何か手伝えないかという気持ちを伝える、これが正しい接し方です。メッセージが本人に届いたという手応えが感じられたら、次に、何からどう手をつけていけばいいのか、具体的に身振り、手振りも交えて話し合います。チェックポイントは多々ありますが、正解となる接し方は1つとは限りません。大事なことは、本人の気持ちやペースに合わせることで、本人を置き去りにしてしまわないことが、不安やうつを強くさせないポイントです。うつを早く見つけるには、日常生活で、いつもと違う感じに気付くことがポイントです。それに早く気付けるのが家族で、精神科や心療内科では、本人と家族と三位一体で、回復への道筋となる治療計画を立ててくれます。ですが、うつ病だと診断されたことで、同情や心配もあれば、どう接すればいいのか、現実的な不安にかられることもあるかもしれません。家族が患者と一緒にうつ病と上手く向き合うには、どのような点に注意すればいいのかをチェックしてみれば、家族の不安も払拭できます。例えば、精神科医や心療内科医などは、過保護にならないように家族にはアドバイスしています。家族がうつ病をよく理解し、気を遣い過ぎることなく、穏やかに見守る姿勢が、患者の回復には大切なのです。そしてチェックポイントとなるのは、家族も自分の生活をできるだけ大事にするということや、それができるということです。元気で安定した状態でいられることで、援助もでき、患者にとっては心強くなりますし、安心感にも繋がります。

Copyright© 2018 うつ病は早めの治療が大切【日頃からチェックしておく事が必要】 All Rights Reserved.