急性期から回復期へ

医者

再発防止に取り組もう

メンタルの疾患であるうつ病は、初診でうつ病チェックを受けた後、治るまでにそれなりの時間を要します。そのため精神科や心療内科の治療では、うつ病チェックから最初の3か月程度を急性期、その後の期間を回復期と分ける場合があるのです。急性期はしっかり休養を取りつつ薬物治療を行うため、薬が合っていれば、3か月もあれば症状が軽減していきます。そして回復期に入りますと、調子の良い日が増え、体調の悪い日は少しずつ減っていきますから、完治も見え始める時期です。休職している場合はそろそろ職場復帰も考え出すかもしれませんが、ストレスを受ければ直ぐに逆戻りする状態なので、まだまだ療養を続けなければなりません。そこで、リワークプログラムが提供されている精神科では、復職に向けたリハビリを提案されるのが一般的です。その後、回復期を無事に乗り越え、症状が落ち着きましたら、晴れて社会復帰となります。ただし、復帰後も1年から2年程度は薬物治療を続け、再発防止に取り組むケースも珍しくありません。実際の治療期間は病状によって異なりますが、病院でうつ病を治す時は、概ねこのような流れで治療します。再発へ向けた最短コースは、完治したと早合点して服薬を勝手に止めることですから、医師の断薬指示が出るまで薬はキチンと飲むのが大切です。そしてうつ病の再発を防ぐには、精神療法を受けることも非常に有効となっています。専門スタッフが在籍する精神科では、医師の治療と並行して精神療法を受けられるので、申し出てみると良いでしょう。特に認知行動療法は再発予防に効果的で、この治療では自分の考え方を詳しくチェックして、その過程でストレスが発生する問題点などを探していきます。うつ病になる人は物ごとに対する捉え方に独特のクセを持っている場合が多く、それが原因で余計なストレスを抱え込むケースが少なくありません。薬物治療で症状を治しても、考え方が発病前と同じでは再発する可能性があるため、思考パターンを改善することが重要になります。基本的に人の思考は無意識レベルで自動的に行われるようなものですから、精神療法で考え方の歪みをチェックして、うつ病の再発防止に役立てましょう.

Copyright© 2018 うつ病は早めの治療が大切【日頃からチェックしておく事が必要】 All Rights Reserved.