早めの診断が必要です

男性

家族の助力も必要です

猛暑が続き、何故か仕事に対しても趣味に対しても、ヤル気が出ないと言う人も多いでしょう。体に疲労を感じることで、シンドイと思う時があるかも知れません。普通の人ならある程度の期間を過ごすことで、回復に向かうと考えられます。しかしこの状態が長く続き、気分が落ち込んだままとか、食欲がわかない、そして眠れないなどの症状が起きて来た時には、うつ病が考えられます。うつ病かなと感じた時、病院へ足を運ぶことに抵抗を感じる人もいると思われますが、一日も早く病院へ行き先生の診断を受けることが、早い回復に繋がることになります。うつ病で通う病院は、精神科もしくは心療内科になる訳ですが、かかりつけの内科などがある場合には、内科の先生に簡単なチェックをしてもらい、病院を紹介してもらうのも良い方法になります。病院はたくさんある訳ですが、初めての時は、比較的通いやすい診療内科のクリニックでチェックをしてもらいことが良いと言われます。大きな病院や大学病院では、病院の紹介状がいるなどの面倒もあり、患者の数も多く診察に時間がかかることが多くなります。うつの状態では、ますます気が滅入ることになり、気軽に通えるクリニックが良いと考えます。病院でうつ病チェックが行われ、うつ病と診断された時、悩むことになるのが、いつ回復出来ることになるのだろうと言うことではないでしょうか。風邪や胃炎などとは違う訳ですから、治療が終わるのか判断がつかないことです。うつ病チェックが一カ月で終わるかも知れないし、三カ月かかるのかも知れない、最悪の場合は数年にも治療が及ぶこともあり、その行く末が心配になるのでしょう。うつ病は、保険対象の治療ですから、基本的に3割負担と言うことになります。しかし長期に渡り治療を受ける人には、相当な負担にもなってしまいます。そんな患者さんのために、治療費が軽減される制度が設けられているのです。それが自立支援医療制度と言われるもので、市町村の窓口に申請することで3割負担から1割負担へと変更されることになります。更には所得に応じて一カ月当たりに支払う金額も一定になるよう配慮される制度です。窓口では面倒さを感じることなくキチンと対応してくれることになりますので、躊躇することなく関係窓口へ行くようにしましょう。うつ病の人が行動を起こしにくい時には、家族に手伝ってもらうことも大事なことになります。一人で悩みを抱え込むことがないようにしましょう。

Copyright© 2018 うつ病は早めの治療が大切【日頃からチェックしておく事が必要】 All Rights Reserved.