頑固な性格と心の病

カウンセリング

常に変化をしている世界

頑固な性格な人は、うつ病になるリスクが高まります。世界は、常に変化をしているにも関わらず、自分の性格が柔軟でなければ心に歪が現れやすくなるでしょう。頑固な性格の特徴は、自分を中心に世界が回っていると勘違いされている方もいるはずです。チェックをするポイントは、日頃の生活の中で否定的な言葉の数が多く現れているのかもポイントです。不満を発する言葉は、世の中を受け入れていない証でもあり、うつ病を患うリスクが高まってしまうでしょう。人はストレスを抱えると、そのストレスに対応するため、その対象だけが意識に高まりやすく物事の視野が狭くなってしまう場合もあります。頑固な性格な人ほど、 外部からの刺激による選択肢が少なく、うつ病を抱えていると極端に視野が狭くなってしまう場合もあります。チェックポイントは、ここ一ヶ月、新鮮な新たな刺激に出会えたのかどうかも重要なポイントです。1ヶ月前の自分と比べた場合、自分自身にとって良い記憶が残っているのかどうか考えてみるのもお勧めです。何も変化がなければ、刺激を避けている可能性も高く、うつ病にかかる可能性も高まっているはずです。うつ病状態になっている人の多くは、外部の刺激が自分自身にとって良くないと本能的に感じている場合がほとんどです。そのため、悪い意味で生活態度に変化が現れやすくなります。チェックするポイントは、普段、毎日行なっていた生活習慣に対して、 面倒くさくなり、その行動を放棄してしまっているのかどうかの確認です。 例えば、毎日欠かさず新聞を読んでいたものが、読まなくなってしまった様な話しが挙げられます。特に、うつ病を抱えていると顕著に現れやすいのが、不潔になりやすい特徴があります。 体は外部の刺激が危険だと判断を行う中で、 体を汚させ、入ってくる刺激を少しでも弱らせようとする反応を引き起こす場合もあるのです。頑固な性格な人ほど、自分の主張は正しいと考えやすいため、堂々としていた姿が現れやすい場合があります。周りの人が出来るチェックとしては、堂々としていた態度が無くなり、刺激を避けたい気持ちが現れやすいため猫背にもなりやすく、覇気が無くなった姿に注意を向けなければなりません。

Copyright© 2018 うつ病は早めの治療が大切【日頃からチェックしておく事が必要】 All Rights Reserved.