重症度の評価方法

女性

多面的な治療の必要性

転居や出産、進学等で生活環境が大きく変わる季節には、気持ちが動揺するのが当然です。その様なゆううつな気分は誰もが経験しますが、うつ病であるかどうかを日頃からチェックしておく事が必要です。セルフチェック表を利用すれば、自分の心身の状態を簡単に知る事ができるだけでなく、他の心の病を見つけるのにも適しています。項目ごとに症状の深刻度を判断する事ができますが、中にはだるさや関節の痛み等の身体的な症状が強く見られる人も多く他の病気との判別が難しい場合もあります。日常生活に支障をきたすようなら早めに専門の医療機関で診察を受けるのが無難です。しかしうつ病患者にとって心療内科や精神科を受診するのはハードルが高く感じられるものです。まずは各自治体に設置されている相談窓口を訪れてみるのも得策です。窓口となる精神保健福祉センターや保健所では、専門知識と豊富な経験を持つ精神保健福祉士や保健師が適切なアドバイスをしてくれます。必要に応じて相応しい医療機関の紹介もしてくれるので、安心して相談できます。うつ病は数種類に分類されますが、よく見られるのが大うつ病性障害です。抑うつ状態や喜びの喪失、思考停止状態となり、普段では考えられない様な極端な思考に悩まされます。更に倦怠感や手足の痺れ、睡眠障害等の身体の症状を伴う人も多いです。そしてこの様な症状の合間に気分が高揚する躁状態が見られるのが双極性障害です。うつ状態と躁状態との間隔は数ヶ月から数年と個人差があり、大うつ病性障害と症状が重なる所もあるので、診断が難しいとされています。更に最近増加傾向にあるのが非定型うつ病です。このタイプは自分の興味がある事についてだけ抑うつ状態が改善するので、周囲からは怠けていると誤解されてしまいます。うつ病患者の多くは拒食症や不眠症であるのに対して過食や過眠といった症状が目立つのも特徴的です。これ等は全て治療方法が異なる為、正確な診断を受ける事が早期回復への第一歩になります。その為にも医療機関を訪れる際には、現在の状態を記録したセルフチェック表を持参する事が必要です。しかし患者の状態によっては本人の説明とセルフチェック表の記入だけでは病状を知る上で不十分な場合もあります。その様な場合には、家族が同伴して医師に対して説明をする事が必要になる場合もあります。

聴診器

簡単に確かめたい時は

ちょっと落ち込んでいるだけなど、精神科へ行くのが気恥ずかしい時は、ネットの無料うつ病チェックを活用すると良いでしょう。うつ病を自覚した時は、無理を控えて休養を心掛け、早めに病院へ予約を入れて専門医の診察をお受けください。

詳しく見る

男性

早めの診断が必要です

うつ病のチェックを受け、うつ病と診断された時は、早めの治療を受けることで、回復を早めることが大事になります。病院でうつ病チェックを受けることに抵抗を感じる人もいるでしょうが、早い回復には必要なことです。

詳しく見る

医者

急性期から回復期へ

メンタルの疾患であるうつ病を精神科で治す時は、急性期や回復期など、段階を分けて治療するのが一般的な流れです。うつ病の再発予防では勝手に服薬を中断しないことが大切であり、精神療法で考え方の歪みをチェックして、改善することも重要になります。

詳しく見る

看護師

自然な携わりが要となる

チェックポイントとなるのは、うつ病の患者を取り巻く周りの接し方です。良くも悪くも影響力を持っているため、精神科や心療内科では、家族にも協力を仰ぎます。その結果、周りも気楽に支援ができたり、回復を早めたりすることにも繋がってきます。

詳しく見る

カウンセリング

頑固な性格と心の病

頑固な性格の人ほど、自身の主張は正しいと考えやすい傾向にあり、多くの刺激を認めない傾向があります。社会は常に変化している物であり、心に歪が現れやすい中、うつ病になるリスクが高まります。刺激を避けたい姿のチェックは重要なポイントです。

詳しく見る

Copyright© 2018 うつ病は早めの治療が大切【日頃からチェックしておく事が必要】 All Rights Reserved.